お断り時に料金が生じない車買取

お断り時に料金が生じない車買取

買取という業界では、しばしば郵送査定というシステムが採用されています。主にブランドの品物やお酒など、やや小型の品物での買取で採用されているシステムになります。車は大型なので、郵送査定はありませんね。

 

簡単に流れを申し上げておくと、売却希望者は買取店に品物を郵送します。もちろん品物を受け取ったお店は、その査定を行います。そして後日、売却希望者に対して品物の買取額を提示する事になります。

 

車の場合も、基本的にはその流れですね。「査定後に金額提示」という流れは、両者は共通しているでしょう。
ところが状況がやや微妙になるのは、買取を断った時です。仮にブランドの品物を買い取っている業者から提示された金額に、不満があったとします。車の買取でも、よくある話ですね。このような時、ブランド品を買い取っているお店によっては料金が発生してしまうことがあります。

 

料金というのは、査定料金ではありません。車の査定料は無料ですが、ブランド品も無料です。そうではなく、郵送料なのです。

 

そもそもどこかのお店に何かを送るとなると、送料がかかりますね。もしも買取をお断りすると、ブランド品の買取を行っているお店から品物が返品されます。そして、中にはその送料が顧客負担になってしまう所もあるのだそうです。ですのでブランド買取りでの郵送査定は、やや慎重に業者を選ぶ必要があるでしょう。

 

しかし車買取の場合、それはありませんね。たとえ業者の査定額を断っても、何かお金を支払う事は一切ありません。それを考えると、同じ「買取」でも車の方がメリットが大ですね。「料金が発生しないので、査定を断るのが簡単」という点は、車買取の特徴の1つかなと思います。
モビリオの買取、査定で納得のいく査定額を引き出す法則